暮らす・働く

長野・松川村 子育て相談の支援センター開設で、窓口を一本化

専門職スタッフを配置し、子育てや環境などの相談を受け付ける

専門職スタッフを配置し、子育てや環境などの相談を受け付ける

  • 3

  •  

 長野県・松川村は4月1日、妊娠や出産、育児、教育など子育てに関する総合窓口となる「子育て世代包括支援センター」を村役場北隣の子ども未来センター「かがやき」に開設した。

 専門職スタッフを配置し、18歳までの子どもとその保護者を対象に相談などを受け付ける。妊娠期から子育て、教育、子ども自身の悩みに対し切れ目のない支援を図る。

[広告]

 これまで複数の部所で受け付けていた子育てに関する相談窓口を一本化し、専門職として社会福祉士と保健師、保育士、子育て相談員、教育指導主事を配置する。

 出産や育児の相談など子育て世代の包括支援の他、子ども子供との接し方や発達障がい、いじめ・不登校、児童虐待など、子ども家庭支援全般に関わるに業務に対応し、関係機関と連携した必要な支援を行う。保護者同士の交流会や、子どもとコミュニケーションを取る方法を学ぶ教室なども予定している。

 村子育て応援課子育て世代包括支援センター係長の一柳紀子さんは「保護者や子どもが『困ったらセンターに』と気軽に相談できる窓口になれるよう努めたい。子育てを包括的に支援することで、のびのびと子育てができる村になるように環境づくりをしていく」と話す。

 開館時間は8時30分~17時15分。
 土曜・日曜閉館。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース