見る・遊ぶ

大町「アルペンローゼ」のファクトリー庭園が15周年 本年度も営業開始

花々が咲き競う庭園

花々が咲き競う庭園

  • 12

  •  

 大町に長野本社と工場を構えるアルペンローゼ(大町市常盤)のファクトリー庭園「ラ・カスタ ナチュラルヒーリングガーデン」が4月17日、開園15周年となる本年度の営業を始めた。

傘を手に雨の庭園を楽しむ来園者

 同ガーデンは、ブランド誕生25周年を迎えるアロマビューティブランド「ラ・カスタ」のコンセプト「植物の生命力と癒やし」を自社栽培する花々と樹木で表現している。広さは約1万1000平方メートルで、2006(平成18)年に開園した。

[広告]

 同社担当者は「地域の皆さまに支えられ、おかげさまで開園15周年を迎えることができた。これからも美しさと癒やしを、五感で感じていただけるよう努力していく。ぜひお越しいただければ」と来園を呼び掛ける。

 ガーデン15周年企画で、ガーデン限定ヘアウオーターを販売するほか、園内のカフェで限定メニューを用意する。

 開園時間は10時~17時(10月~4月は16時まで、入園予約制)。水曜休園。入園料は大人・高校生1,000円ほか他。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース